代金返却方針

ESトレーニングDMCC払い戻しポリシー:

1. キャンセル

ESトレーニングDMCCは、学習の全コースを最初の登録期間として定義しています。 延長は、新規登録期間と見なされます。 すべての払い戻しは、料金が最初に支払われたES担当者のアカウント、またはESが最初の直接支払いを受け取った個人に送られます。

支払いの受領後に学生のビザ申請が拒否された場合、以下のキャンセルポリシーに記載されているビザ料金と返金不可の料金を除くすべての料金は、60暦日以内に返金されます。 払い戻しは、これらの利用規約に従って処理されます。

• 取り消し規約

ESトレーニングDMCCは、「キャンセル」を最初のコースの開始日より前に発生する変更として定義しています。 すべてのキャンセルは、入学事務局に書面で行う必要があり、次の返金ポリシーが適用されます:登録料、宅配便料、ビザ料、管理費、第三者手数料(代理店手数料)、およびオファーに適用されるコースデポジットは返金不可です。 。

•到着前のコースの払い戻し

最初のコース開始日の14日以上前に書面でキャンセルを受け取った場合、上記の返金不可の料金を除き、授業料の100%が返金されます。

•到着前の宿泊費の払い戻し

a)到着の14日以内に宿泊をキャンセルした学生には、1週間の宿泊に相当する金額が請求されます。

b)到着の48時間以内のキャンセルの場合、2週間の宿泊に相当する金額が請求されます。

2.撤退ポリシー

ESトレーニングDMCCは、コース開始後のコースの終了を撤回と定義しています。 関連するすべてのビザの発行とキャンセルを学生の最終日の前に間に合うように手配するために、撤回は学校長に書面で行う必要があります。 コース開始後にESトレーニングDMCCに退学を通知した学生には、授業料は返金されません。 さらに、コースは宿泊施設や社会活動などの他のサービスと譲渡または交換することはできず、引き出しには返金ポリシーがありません。

•コースの延期

•酌量すべき事情によりコースを修了できない学生には、残りのコースを最大6か月延期するオプションが提供されます。 この場合、残りの数週間の学習は追加費用なしで保留になります。 新しいビザ関連の料金は学生が支払うことになります。

•懲戒処分の理由で学校から追放された生徒には延期オプションは与えられません。